Event is FINISHED

新米を前に、もっと楽しめるお米との付き合い方を考えよう

2015年度新米は、決まったお米ではなく、いろんなお米を楽しんでみませんか?
Description
自宅にお米は何種類、おいてありますか?
食事に合わせて、お米の品種を使い分けたことはありますか?

新米が始まるこの時期に、お米の楽しさを少し考えてみませんか。
日本人にとって日常の中に溶け込んでいるお米。
一方で普段あまり意識をしないで食べてしまうのもまたお米。
「ゆめぴりか」や「つや姫」など、様々な人気のお米も登場しているように
お米にも有名な「こしひかり」以外にも多くの品種が日本中にあります。

一方で、
普段の食事の中で「品種」を選んで購入したことはありますか?
料理に合わせて品種を変えたことはありますか?
当たり前のように美味しさが追及されているお米にだって美味しさの違いはあります。

今回はそんなお米について、新米からもっと楽しんでもらえるように
・お米屋さん
・お米農家さん
・農業プロデューサー
の3名によるトークセッションを開催いたします。

★そもそもお米の品種の違いって?
★お米農家が想う、お米へのこだわり
★どうやったら、日常の中でお米を楽しむことが気軽にできる?

といったようなことをお話していきたいと思います。
参加者には、
3種類のお米のおむすびと3種類のご飯のお供を食べながらお話を聞いていただきたいと思います。


【概 要】
日 程:2015年9月27日(日)
場 所:ワテラスコモン 1Fサロン
住 所:東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地
時 間:14:00~15:15(13:45開場)
     ※右上の時間は14:00~17:00となっておりますが、トークセッションは上記時間となります。
参加費:1,500円(おにぎり・ご飯のお供付き)

【登壇者紹介】
●お米屋さん●
  小池理雄氏(小池精米店 三代目・五つ星お米マイスター)
  URL:http://www.komeya.biz/  
  1971年生まれ
  生まれも育ちも原宿・表参道。
  小学校時代から実家の小池精米店の手伝いをしており、
  大学に入る頃には立派な作業員として、配達までこなす人材に育つ。
  大学卒業後、小さな出版社に入社。その後、社会保険労務士の資格を取得し、
  人事制度コンサルティングファームに入社。
  2006年、小池精米店を継ぐ。
  それまでの社会経験を生かし、新しいお米屋さんのあり方を常に模索している。


●お米農家さん●
  藤村ゆき氏(秋田県大潟村/味楽農場)
  URL:http://miraku-nojo.ocnk.net/
  (味楽農場プロフィール)
  秋田県大潟村で、
  安全性と美味しさにこだわった米づくりを実践している家族経営の農場です。
  大潟村は、もとは琵琶湖に次いで日本で二番目に大きな湖だった「八郎潟」を、
  世紀の大事業といわれた大干拓工事で広大な農地とした場所。
  日本でも有数の食糧生産拠点です。
  私たち味楽農場は、環境と自然に恵まれたこの北の大地で、
  減農薬、減化学肥料栽培の「あきたこまち」を中心とした米づくり、
  そして四季折々の野菜づくりに取り組んでいます。
  ぜひ一度、私たち家族が丹精込めて育てた安全で美味しいお米、
  野菜その他の農産物をご賞味下さい。
  農場直送ならではの鮮度と味は、お値段以上のご満足をお約束いたします。
  


●農業プロデューサー●
  脇坂真吏(株式会社AgriInnovationDesign 代表取締役)
  URL:http://studio.nougyou.tv/
  農業を切り口に都市・地方の両面で新しい仕掛けを次々と展開。
  都内での農業セミナーでは受講生1000名を超える人気クラスへ
  また全国の意識の高い農業者のネットワークでは3,000名を超える。
  都心でのマルシェ運営やデベロッパーとの農的活動をはじめ、
  地方では異業種連携・商品開発・経営支援・新事業構築などを手掛ける
  

<同時開催:ワテラスマルシェ>
  開催時間10時~17時
  https://www.facebook.com/waterrasmarche
  お米の販売も行っております。
  秋田・愛知などのお米農家による直接販売もございます。


Event Timeline
Sun Sep 27, 2015
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(おむすび付き) ¥1,500
Venue Address
東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地 Japan
Organizer
脇坂真吏
84 Followers